リポート R☆TM Rotating Header Image

5月, 2013:

まあ、全てを受け入れるだけですよ。

 非常にトレーニングには好条件の2日間だったのに、「なぜ参加者がこんなに少ないんだ?」 日曜の円海山が終わった時に知らされたことだが、仲間内みんなでどこかにトレイルに出掛けたとか? 良いとも悪いとも言いません。こういうことも覚悟していないと時として、腹立たしく思えたり、恨んだりととかく人間はしがちなもの。ハラが座っていれば何てことないこと。条件が合った時にまた根岸や円海山に参加してくれれば良いってことじゃあない?それよりも皆んな無事に戻ってきてくれれば良し・・と。

画像をお届けしよう。まずは根岸5月25日(土) リディアードのヒルトレーニング風景。

画像 1165

いつ見ても、いつ来ても根岸森林公園はいいなあ・・!

画像 1166

最近取り入れているトレーニングの締めくくりの裸足ランニング。足指五本をきちんと使えるようになることが、ランニングバランスを良くし、内蔵の安定につながる。 しかしみんなおそるおそる走っているのが何とも可愛いねえ。

画像 1167

5月26日(日)円海山。 いっしんどうは6人の和やかな時を楽しんだ。

画像 1170

これで横浜市の中心地から3~40分の所。えらい田舎だろう!

画像 1171

「スカイツリーが見えた」円海山最高の絶景ポイント。天気が良いとアメリカまで見える・・?

画像 1172

というわけで、土日も終わりました。  M

 

 

やって来ました今年も「横濱イヴラン10K」の季節が。

画像 1158  まずは画像から。

 今年も世界では「ダイヤモンドリーグ」の熱戦がオリンピックランナーたちによって、世界各国を転戦して始まった。、ボルトやブレイク、フェリックス、ピアソン。トラックではアフリカ勢、ルディシャ、アマン、キプロプ、フィールドではチチェロワ、バルシム・・など凄いメンバー。ここ根岸でも、「横濱イヴニングラン10Kレース」の3戦に亘るリーグ戦が、規模は小さくても、とにかく今年も始まりました。 画像 1161

 主催者(牧元)の思いの一つにスタートの号砲が鳴っても、スタートラインに到達するのに何分もかかってしまう。やれネットだグロスだ!?そんなのレースじゃあねえ・・・って。せめて牧元の息のかかったところでは、ランナーにスムーズに走ってもらいたい。号砲と同時にトップスピードを作ってもらいたい。 そんな思いが「イヴラン」込められているのです。そして本来の自分のベストタイムを誰にも邪魔されずスムーズなランニングの中から、正真正銘の「自己記録」を手にしてもらいたい。

 今回の参加者は男女含めて33名、記録係2名、コース係1名、給水担当1名の4人。 画像 1163

 大勢が出るから大会?ちょっとその考えは一環的過ぎはしませんか?見る角度をかえて物事も、ランニングの世界も眺めた時、まだまだ開発されていない部分があまりにも多いのがこの世の中。

 面白いRUNの世界をお見せするので、RUN☆TMの走る世界は Check it up!

 今回の参加賞Tシャツ。デザインとプリントは主催者自らがプロの腕で仕上げています。左が男性用、右が女性用。(安物のTシャツではない!)これで大会参加料2,000円ですよ! 次回は7月20日、詳しくはサイトを見て下さい。  M

画像 1154

 

雨でも参加者2ケタ。心が強いねエ、女性が半数。

 雨が降ろうが、寒かろうがRUN☆TM仲間の特に女性の心の強さには、さまざまのところで頭の下がる思いを幾度となくさせられてきた。RUN☆TMはこうした方々に支えられて、この秋に5周年目前までやって来ました。RUN☆TMを選んで下さった仲間に感謝。  画像 1137

 今日の参加者は雨もあり10名。男女それぞれ5名ずつ。明日に洋光台~稲村ヶ崎LSD型トレイルがあるので、無理をしないでそちらをセレクトしている仲間が多いようだ。それにしても雨でも2ケタ参加者は昨年までは全く考えられなかったこと。画像 1144

 今日の根岸は第2土曜日のクロカン時間走。「根岸の風クロカンコース」でレベル別に2つのグループに分かれ、予定では90分を雨もあり70分に短縮。画像 1146画像 1150

 芝の向こうに別のグループが現れるまでは、芝生は(牧元も含め)11人の広~い庭となっての独占状態。 口で説明をするよりは、今日は画像を見た方が分かりやすいですね。画像 1152

<来週土曜日RUN☆TMは夕方に「第4回横濱イヴニングラン」開催のため、いつもの午前中のトレーニングはありません。>

祝日の5月4日(土) 根岸に23人、アフターに17人

根岸森林公園、祝日、いい天気。芝の輝く緑に「みずき」の花のコントラストが美し~い!画像 1123

 定例の根岸でのRUN☆TM(トレーニング名称)。GWの真っ只中、皆んなそれぞれ予定があって当然の中。何と嬉しいことに23人の参加者(初参加男女各1名)。最高参加者数では昨年10月13日の周回ロード走り込みの23人と同じ。そして、今年になってから5度目の20人超え!昨年まで考えられなかった参加者増である。画像 1124

 トレーニングは3000m×3本のレペティション。 好天の祝日の根岸。当然午前10時以降は次第に混んでくる。ここを見越して、3本のレペ全て距離は変えないで、コースだけを変える形で。人があまり出ていない始めの一本は、公園の北の外れから南の外れまでの芝地500mの往復コースで。2度目は池~階段~芝と巡る周回1K。画像 1125

 公園に人が多くなり始めた3本目は、さらにコースをコンパクトにして500mの周回6周。この策は実にうまくいった。(ちょっと自画自賛かな?) もう一つ意図とするところは、3000mの同じコースの反復からくる身体に伝わる「鈍化」と「倦怠感」も避ける意味があった。

 さらに公園が混み始めた午前11時過ぎには、仕上げの「裸足ジョギング」を2グループに分けて「根岸の風CCコース」1周。仲間全員で裸足ジョギングしている姿は、走ることに興味の無い公園に遊びに来た人々からも、驚きの声や奇異な視線?などを感じたことも。それだけ文明は「履物の世界」を作り上げてしまっている・・ってことか?画像 1128

 アフターにも最高参加者17名! 走り終えてから、牧元のマンションのルーフバルコニーで、アフターという持込、買い出し型の小パーティ。時間が経つにつれ、声も大きく、笑い声も半端でない。単なる飲み会を楽しんだ。画像 1130

<次回トレーニング予告>11日(土)根岸で芝2K時間走。12日(日)富士登山競走牧元道場にて洋光台→稲村ヶ崎トレイル。 詳しくは「モクメセ」にて。初参加者はお尋ね下さい。 M