リポート R☆TM Rotating Header Image

女性が「良し!」とするものはすべて本物だ!

 一か月もこの根岸トレが出来なかったことは、9年間行ってきたこの土曜日のトレーニングでも例を見ない「お休み」だ。
9月の『根岸の風CC』翌週の『横濱イヴラン』。その後2週続けての雨天中止。めったにない長期休暇となりました。
           dscn2722

 再開してみれば、セミの声も去り、すっかり秋のたたずまいの根岸森林公園。みんな待っていたのでしょう。22人の集まりとなりました。
今月はみんなもこれ以上休んではいられない事情があったはず。それは秋冬~早春にかけてのフルマラソンやハーフへの出場の準備期に季節は既に入ってきているからです。
目指す冬のレースに向けて、私たちのRUN☆TMには決して速いランナーがいるわけでもない。しかし、この集まりの大半が、フルマラソンをナメてかかっている人物は誰一人としていないということだ。レベルははっきり言って低い。しかし自慢できることは、レース出場に対しての意識はかなり高いものを感じます。第三者がマラソンのことをああだこうだという前に、「マラソンを完走するということは大変なことなんだ」それには「ちゃんと走って努力しないことには大会でとんでもない目に遭うのだ。」という意識をサブスリーランナーから5時間ランナーまでが真摯に捉えている。
この意識の高さだけでもRUN☆TMはどこにも負けてはいない。その証拠が一つある。先に行われた相模原での『東日本国際駅伝』。出てきた結果に目を疑った。無数のチームの中で、私牧元の目で見る限り、遅くて話にならんと思っていた女子チームが、ベスト10にも届かぬあたりに立て続けに2チームも食い込み、あとの2チームも中位の上あたりに。
男子4チームも、4チームすべて中位よりも上にランクされている。
         dscn2721

 それはそうでしょう。皆さんは根岸森林公園に来るのに、横浜市内に住んでいる方が大半かと思いきや、鎌ヶ谷、木更津、新座、東京都区内、平塚、茅ケ崎、鎌倉、横須賀などから。つまり横浜市外からの方が半数以上を占めている。
電車賃やガソリンを使い、働き盛りの貴重な休日に他を優先して根岸に来て下さる。そこには情報で見る根岸森林公園でのトレーニングに何かがある、と感じるからであろう。
受け入れるRUN☆TMにしても、そうした熱いランナーの思いを更に上回る熱さをもって運営しなければ、そこに「RUN」に対しての本当の思いは伝わらない。そしてメッキが剥がれるようにすぐに飽きられてしまうでしょう。
        dscn2719

 遅くていい、そこに自分のレベルを一歩でも、一秒でも縮めたい・・・そういうランナーを後押しするのがRUN☆TMです。
走っている最中こっちを向いて手を振ったり、にこにこする必要はない!そういう動作が起こせるのなら、一歩二歩でも前に進みなさい!走りながら余計な動作を起こすな!それがRUN☆TM牧元のコンセプトです。
決して今回の駅伝に出たランナーを特別にシゴいたこともないのにこの結果。言わせてもらえれば「RUN☆TMは他のチームと心の持ち方が違います!」
こういうふうに書くと、この文章を読んで特に女性はトラウマに・・?ところが、元来女性は強く出来ている!この集まりに現在女性が急増中なのは・・・なぜ? すべての市民ランナーに伺いたいです。やっぱり世間は本物を探しているのです。特に女性は偽物はすぐに見破る力があり、かつ本物をかぎつける嗅覚は男性の比ではありません。格別に持ち上げるつもりはありませんが、女性が良しとするものに間違いはなしなのです! 市民ランナーに本物のトレーニングを提供致しましょうRUN☆TMが。
                               dscn2731

ランニング熱が落ち着き始めてきている最近、その先にあるものは・・・お祭り騒ぎは去り、ニセモノは淘汰され本物のみが生き残る。どの世界も同じですね。    RUN☆TMは9月に9年を迎えました。  牧元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です