リポート R☆TM Rotating Header Image

十分過ぎる手応え!洋光台北走り込み。

 今回のリポートは、いつもの土曜日の根岸森林公園のものではなく、新企画として本日(10月30日)始まった『洋光台北走り込みトレーニング(仮名)』をメインにお届けします。
当初この企画は2週間前に立ち上げる予定でいたが、諸事情で30日(日)にズレ込んでいました。

 このトレーニングの目的は、大会が乱立する世の中にあって、ランニングを愛好する人がずいぶん増えたが、肝心なランナーの下地作りともいえるきちんとした練習会、誰もが気軽に参加のできる場というのが意外に少ないことに気付いた。私(牧元)自身にしても日頃習慣的に走っているコースは、レースとはまるで違う世界に長年捉えていた。そんなある日、ふと「こんな条件の揃った素晴らしいコースを、みんなで走れたら・・・」と思いついたのが引き金。すぐに行動に出たのが、今回の走り込みの一環としての洋光台でのこの企画。
                dscn2771 

 こうしたことを始めるには、情熱だけではランナーにアピールすることはできない。入念に調べ上げたあげく、長すぎず短すぎない距離の周回コース。距離計測が正確であること。排気ガスが少なく空気がきれいなこと。適当に緑のあるなどの自然条件、駅から近いなどの交通の便。駐車場の確保。市街地にも近い利便性のあること。トイレや着替え、シャワールームの確保。歩道が広く人出の少ないこと。全くの平坦ではない適度な起伏など、ランナーを迎え入れるには最低これだけの条件を揃える必要がある。練習会なので、あまり高額な参加料にはしない。様々な角度から冷静に考えを反復させ、果たして頭の中で考えていることに欠けている部分はないか? この企画をこうしてアピールするまでに、少なくとも半年以上は費やして、今日に臨んだ。その中でこの条件に余りある素晴らしい環境でありことにも気付いた。それは温泉施設「おふろの王様港南台店」が至近距離。スタートゴール地点から、富士山のすそ野まで見える絶景ポイントがあるということは、これから冬を迎える中で、雪をいただく霊峰富岳が背景にあることは、凄いことですよ皆さん!
               dscn2763

 ある程度主催者の牧元は本日を迎えるまでに、それなりの手ごたえは感じていたが、何分にも走ってくれたランナーの率直な意見も聞かなければ、単に牧元一人が熱くなっている独り舞台にすぎず戯言(たわごと)に終わってしまう。
とにかく動き出そう!そして今日、いよいよ長いこと膨らましていた企画を世のランナーに問う、内心凄く緊張する一日の始まりを迎えていた。
終わってから、参加して下さった4人の気心知れたランナーからの率直な反応を問うた。
結果として、上記の条件が牧元一人で突っ走っているものでもなく、良好な感触を得て第一回を終えることができた。要するに一般の市民ランナーの多くから、今後も賛同をいただけそうだという感触だけが終わってから残った。
                dscn2772

 これで「根岸森林公園クロスカントリートレーニング」に続く企画を加えることになった。この企画は市民ランナーがきちんと走り込んでからレースに出てほしいと常々思っている主催者牧元の願いであり、それの実現化でもあります。 さらに一つ宣言しなければならないことがあります。この洋光台での走り込み企画を、牧元自身の人生において、最後の企画と考えています。最後の場として地元洋光台で出来るだけ長く続けていきたいと思っています。
この企画は、ランナーにフルマラソン大会が続く、10月から3月までの半年間、月に2度日曜日に行うつもりですので、渾身のこの企画にどうぞ振り返って下さい。ご参加待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です