リポート R☆TM Rotating Header Image

根岸トレーニングに厚みが出て来た手応えがする。

 前日の20度にもなるポカポカ陽気から一転、この日の朝は冷たい北風が吹き抜ける根岸森林公園だった。
RUN☆TMヨコハマのメンバーを見ていていつも思うこと。「大人の集まりだなあ・・」と。
 それは毎週入れ替わりながらも、自分の意志をちゃんと持って、それに基づく行動ができる人たちばかりの集合体だということ。つまり人に流されずに行動できる集合体であることを、主催側も心地良く捉えることができる。
                     
 具体的に言うと、前の週に来ていたメンバーの約3分の1が入れ替わり、その他にもここのところ顕著なのが、必ずこの中に、半年ぶり、一年ぶり、中には3年半ぶり、単身赴任から帰って来たから・・という方々が一人二人来て下さっている。それが主催者や常連組の嬉しさを増幅させて下さっている。本当に言いようのない嬉しさがここのところ毎週のように続いている。
加えて凄いのは、今までにお問い合わせを下さって参加して下さった方の内、少なくとも過半数がリピーターとして再び来て下さっているということ。これは類を見ない非常に高い異例の確率なのです。
          
 それはほかでもない、思い出して来て下さる皆さんが大人であって、確たるゆるぎのない気持ちでこのRUN☆TMヨコハマを捉えていて下さっていることに通ずる。主催者がぐらつかない限り(いや多少グラついても・・)まわりがしっかりしているので、いつも凄く心強く感じている。
 また、こういう集まりこそが土台をしっかりと皆さんが築き上げて下さっているので、なが~く続けられる集団ではないかとも思っている。実に感謝すべき大人の仲間なのです。
        
 この日は、片山陽一さんが来て下さり、エアロビから始まった。ジャネット・ジャクソンのリズミカルな曲にに乗ってトレーニングを始められる心地良さ。こういう環境に巡り合えたのもまさに奇跡!
           
 このノリがその後の「リディア―ドのヒルトレーニング」に大きなプラスを及ぼしていることも奇跡だ!まさに日本一のヒルトレーニング。誰にもどこのグループにも真似できないことは確かだ!
 なぜなら、このヒルトレーニングほど、マラソントレーニングの中でリズム感が必要な動作は他に類を見ない。それを冒頭にエアロビがこのリズム感を既に呼び覚ましてくれているので、余計なストレッチや他の動きは不要となってくる。
           
                                            

 本題の「リディア―ドのヒルトレーニング」風は冷たかったが、菜の花も咲き揃い、梅も満開のこの上ない環境で春を先取りした充実のトレーニングになりました。
        

 このリポートをRUN☆TM仲間以外の方がご覧になっているのなら、エアロビのリーダー片山陽一氏の次回は3月5日(土)の予定ですので、是非お気軽にご参加下さい。仲間もとてもいい人たちばかりです。 牧元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です