リポート R☆TM Rotating Header Image

満開の桜だぜ!

何も言うことはありません!
サクラの優しいピンクに囲まれて、極上のランニングの世界がそこにあった。
    
<トレーニング内容>ロード周回コース外周のトレイル1,660mを使って。

朝の早い内は、人影もまばらだったが、お昼近くになると大変な混みよう。とても芝生を走るなんて考えられない様相。
それを見込んで、この日のトレーニングは周回ロード外側のトレイル道を、各自の走力で走ってもらう周回トレイル。
ただ、注意点として、木の根や折れた枝、石ころが転がっている完全なトレイル道を使用するので、つまづいての転倒のよるケガには十分気を付けてもらうように注意。
また、前のランナーにピッタリとくっついて走ってしまうと、足元の不整地に脚を取られる危険性から、間隔を開けて走るように予め注意。

人によっては、こうした注意をしても、走り出すと頭の中はすぐに空っぽになってしまうらしく、100%我流に徹してしまう仲間も必ず出てくる。
しかし、何はともあれ、主催者としてはケガのなかったことが一番の嬉しいことだった。
                   
<お花見はどうだったの?>
終わって、花見。ところが主催者牧元を大変喜ばせていることがあったので敢えて話します。
実は、RUN☆TMの仲間、あまり花見の席が好きではないらしく、事前に花見の予告を出しておくと、以前から決まって参加者ががた減り。
要するに、RUN☆TMの仲間の大半は、純粋にそして真面目に「走り」というものを捉えている方々ばかりで占めている集まりなんですね。
反面、『横浜駅伝』参加後の河川敷でのパーティや、磯子区の峰でのBBQ、暮れの忘年会は大好評で、素晴らしい雰囲気の集まりとなる。
私牧元は主催者としてどう思うか?、RUN☆TMの仲間の質の高さが伺えて、そりゃあ嬉しいに決まっているじゃあないですか?「いい仲間と出会えたものだ」とつくずく思います。
この日は、関西に転勤になるK君を中心にした送別会にもなり、男ばかり7人の静かな品の良い、とっても素晴らしいお花見となりました。 本日は報告までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です