リポート R☆TM Rotating Header Image

雨の根岸森林公園、参加者4人とささやかな10周年。

2008年9月13日(土)・・ちょうど10年前の9月中旬、RUN☆TMはこの根岸森林公園で活動を開始した。
活動といっても、その夏の富士登山競走に出た仲間8人の実に心無い、思い付きだけの気まぐれ発送から牧元が乗せられたとんだスタートとなった。
その前も、27歳の頃から10年ずつ2つのクラブを運営してきて「もうこんなマネはうんざりだ!」だと思いつつも・・・。
富士登山競走のノウハウだけは参加者に伝えておかねばというよけいな考えも、実はとんでもない新たな引き金を引く形となってしまった。
それが今のRUN☆TMを作ることとなり、いつの間にか10年。あっという間の10年という感じがする。
      
           
その9月中旬の10周年。まさに今回の根岸トレーニングのこの日が正真正銘の10周年。
朝から雨が降っていた。雨は初心者には季節が寒くなくても身体に良くないので、早朝に「10Kを60分以内で走れない仲間は参加をしないように・・」のメール。
雨の降りも強かったし、朝のメールも来る者の出ばなを挫くもの。私がクルマで根岸森林公園までは出向くまでもなく、今日は誰も来ていないだろう・・と。
     
4人の仲間が参加してくれた。すべて男性。まさか4人も来るとは?嬉しい誤算というのはこういうことを言うのか?
雨なので、芝生には足は踏み入れず、公園の周回ロードと階段をミックスした1.7K周回コースを約1時間走ってもらった。
参加してくれた斉藤冠さん(写真左)は10年前の富士山のあとに野毛から声を掛けてくれた無責任な8人の仲間の一人。
ただ冠ちゃんと行方さんというボートの選手だけは、何かにつけ私を気にかけてくれて、そこらの口先だけの無責任人間とはちと違う存在。
       
雨の中を参加して下さった貴重な、記念になる仲間は斉藤冠さんのほかに、吉岡さん(斉藤さんの右)、この方もRUN☆TMをその後8年以上も支えて下さった方
今日のように、困った事態の時に今まで数えきれないほど主催者牧元を支えてくれた方。その右は昨年から時々来て下さる増茂さん。右の長身は二度目の参加の伊勢原の山川さん。
10周年の根岸トレ。雨の中を参加して下さったこの4人の方々を、私自身も10周年を再出発のつもりで忘れないように心に留めたいと思っている。
もちろん、10周年まで主催者牧元を支えて下さった、今は全く参加しなくなった多くの皆様の存在や支えもあったからこそ10周年があり、雨の中での記念に残るトレーニングが出来たことに通ずることは言うまでもないこと。
            
牧元自身20周年を目指すなどと言うことは、明日のことも解らない人の世ですので、ただ目先に来た『土曜日』という日をこなしながら、その都度全力で対応していきたいと思っています。  牧元
                         
                                          (いつ出来たんだ?!林の中のヤギの小屋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です