リポート R☆TM Rotating Header Image

オレは待つ!ハチ公のように、根岸で・・・!

 10年目を越えるには、そこに確かに目に見えない何かがある。それは何事にも存在する『道理』というものなのか、それとも『壁』と言えるものなのか?
私牧元は過去にこの手のランニンググループのリーダーとして、二度も『10年目の壁』に遮られ、その場からの退散を余儀なくさせられた経験がある。いずれも辛い出来事だった。
一度目は37歳の時、自営業のTM工房が急成長したために。 二度目は55歳の時、家族で山梨に越す話が出たために・・。
そして三度目の10周年はまさにこの9月に過ぎたばかり。その今回には目の前に過去のようなはっきりとした理由付けするような壁は何も立ちふさがってはいなかったはず。
ところが、何かがヘンだ?それが相次ぐ台風や猛暑のせいだったのか?この夏は『根岸トレ』にしても『横濱イヴニングラン』にしても、来週行う『根岸の風クロスカントリー』にも「いったいどうなちゃっているんだ!?」とばかりランナーも、サポート役員も参加をしてくれない。気象の変化ばかりでない、目に見えない何かが10年目のそこあると悟っている。 それが壁というのか?それは解らない。
               
 ただ、主催者の牧元はすでに若い頃からいろんな目に遭ってきているので、全てが「想定内の出来事」として平然とした気持ちで対応できている。「な~に、小さな出来事さ!」これによって私が餓死するわけでもなし、収入源が断たれるわけでもなし! 
所詮、遊びの輪がエスカレートしたに過ぎない・・RUN☆TM。かえって流れに逆らって泳ごうとすると、無駄なエネルギーを費やすだけということも私は十分知っている。流れに乗って流されてみる。その先には狭く激しかった流れも次第に緩やかになり、さらにこのゆったりと流れるこの大河は、大海原へと続くのだと。大海原・・すなわち自分の人生が全うされる所・・・しかしそれはまだ遥か下流のまた先の流れ・・。
          
「今日は今日の根岸でのトレーニングを行おう・・予定どおり・・。」
8月、9月の状態から誰も来ないかもしれない・・それでもいいじゃないか・・。朝はいつものようにクルマで7時半に家を出て、20分で根岸に着くとまず公園の管理事務所に行き、口頭で大筋のトレーニング内容を説明。芝生上にシートを敷いて、今日みんなが走る予定のコースを計測機で念を押し。しばらく経っても誰も来ない。「みろ!思ったとおりだわね。それならばシートも畳んで帰るか!?」「早く帰って、仕事の続きでもしなきゃあ・・」と。
時間は既に通常の集合時間まであと僅か。ところがその頃になって、いきなり参加者が集まり始め、瞬く間に8人。中には1年ぶりに両親と共に来てくれた女子中学生。千葉や伊勢原からもランナーが。
全体の顔ぶれを見ても、古くからいる男女2名以外は最近加入の新人ばかり。
                     
新しいRUN☆TMの再スタートなのか?そんなこと言ってしまうと古い仲間に立つ瀬はないだろう・・・? 決してそんなことではな!   『待てば海路の日和あり』みんなを待つのみです。渋谷のハチ公のように・・。  牧元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です