リポート R☆TM Rotating Header Image

第15回横濱イヴニングラン10Kレース<5月21日(土)>

 RUN☆TM5大イベントの一つ『横濱イヴニングラン・10Kレース』が今年も根岸森林公園で開幕した。5月を初戦とした10Kレースで、9月までの月1戦、計5戦をリーグ戦形式で行うもの。
 リーグ戦とは、5か月間のトータルポイントで年間チャンピオンが決定するもの。このレース形式はテレビで放映されている超一流アスリートが世界を転戦する『ダイヤモンドリーグ戦』にすっかり心酔されてしまった、RUN☆TM主催者の牧元が、自ら主催のレースに取り入れてしまったのが事の始まり。今年で4年目を迎える。
           DSCN2385 (1)         
 内容は、今回のように参加者が25人であった場合、男女及び男子壮年全体を得点対象として、1位には25点、2位は24点、3位23点・・最下位1点とし、各部門の1位には5点が加点される得点方式を用いている。
 ほとんど日本ではリーグ戦形式のレースは展開されていないが、5戦ある内の参加大会が多くなればなるほど、遅いランナーが(意外と言っては失礼だが)9月の5戦(最終戦)を終了した時に、総合でかなりの上位に食い込んでいたりのハプニングもこのレースの面白さに花を添えている。したがって「自分は遅いから・・」といって諦めることはなく、参加者全員に夢を持たせる展開にもなっている。
        DSCN2381 (1)
 ただし、ルールもある。その一つは2戦以上の参加回数がないと、例え部門別で高得点を獲得していても優勝・入賞対象外となる。
 もう一つは、5戦ある内の4戦までで高得点を獲得していても、最終戦に出場しなければ入賞(今年から6位まで)から外される。この最終戦出場義務は、『ダイヤモンドリーグ』のルールを模倣し、取り入れている。
            DSCN2386
 今回の『横濱イヴニングラン』の大会結果は、今月の内には整理してネットでご覧になれるようにしますが、まずは前の日に終わった根岸森林公園の周回ロード7周半の激戦と、背景の素晴らしさなどの様子は、添付の写真によってご覧いただければさいわいです。

*参加賞のTシャツは、主催者自らがデザインした、37年のプリント技術を活かしての心を込めた作品としている。(これもこの大会に特徴・・かもよ?)

それでは、次回以降の皆さんのご参加を心から歓迎し、お待ちしています。   牧元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です